泥土圧式・泥水式 超大口径推進工法<φ3500mm〜5000mm>

泥土圧式超大口径推進機
 泥土圧式・泥水式 超大口径推進工法では、分割式の掘進機と組み立て式の推進管を使用することにより、φ3500mmからφ5000mmまでの施工に対応いたします。
 (写真は分割式泥土圧式推進機)

   泥土圧式超大口径推進機 組立概念図

泥水式超大口径推進機


超大口径推進工法の優位性

   (施工延長200m程度の場合)
  • 【コスト縮減】
      シールド工法と比較して、約10〜30%のコスト縮減が可能
  • 【 工期短縮 】
      シールド工法と比較して、約10%の工期短縮が可能
  • 【 環境負荷 】
      シールド工法と比較して、立坑・プラント用地の縮減が可能

推力低減システム プロペラント工法

超大口径推進工法 推力低減システム プロペラント工法

システム概要
一次滑材注入
 オーバーカット部(テールボイルド)に、掘進機後部に配置した全方位同時注入装置により、可塑性滑材を注入し、地山保持効果を持った滑材層を形成する。

一次滑材注入
 推進に伴うテールボイルドの劣化・脱水などにより、摩擦抵抗力が増加するため、推進管から二次滑材を全周方向に注入する。

 一次滑材プロモールA剤とプロモールB剤が混合後、ゲル化し管周面摩擦力を低減する。
 二次滑材プロモールスーパーはチキソトロピー性に富んだ液状滑材を使用し、滑材性能の回復を図り、低推力を維持する。



カタログダウンロードはこちらから。
超大口径推進工法のカタログをダウンロード


お問合せはこちらまで。
イセキ開発工機
株式会社イセキ開発工機

[本   社] TEL:(03)5786-9211
[関西支店] TEL:(06)6886-5200

↑ページの一番上に戻る