工法の概要

EXP工法
非開削老朽管入替工法
対応径:呼径 200〜600mm
 当工法は、経年老朽化された既設管路を非開削で新管に入れ替える工法です。
 入れ替える既設管にヘッダー(破砕機)を挿入し、既設管を破砕しつつ拡径を行います。ヘッダーは発進立坑より挿入し、牽引又は押込(推進)及び牽引・押込操作を同時に行い、新設管を発進立坑より順次挿入します。到達立坑まで管敷設を行い、ヘッダーは到達立坑で回収します。
エクスパンデット

京都での鉄道横断の施工例です。

EXP工法の特長
・適用管径は呼径200〜600mmで、入れ替えできる新設管はセラミック管・ヒューム管・鋼管・ポリエチレン管・ダクタイル管等、幅広く対応できます。

・コンパクトな本体で3号人孔(φ1500mm)からの発進・到達が可能です。(適用管径により異なります)

・ライニング工法とは異なり、有効口径を損なわない新管敷設のため流量断面の損失がありません。また、条件により口径サイズ拡径も可能です。

・非開削で安全・迅速な施工が可能です。
エコTMS工法外形図
システム外形図
エコTMS工法(非開削老朽管入替工法)
↑マウスを置くと拡径時の画像が表示されます
株式会社 イセキ開発工機  ISEKI POLY-TECH,INC.
施工例(浦安)はこちら